マンションのリフォームで起こるトラブルの例

マンションリフォームでトラブルにならないための情報サイト

中古マンションをリノベーション

リフォーム費用が不透明

マンションリフォームを行う際に一番気になるところは費用だと思います。
ほとんどのリフォーム業者は、希望を伝えたら現地調査をして詳細な見積書を作成してくれます。
しかし、一部のリフォーム業者では、リフォームをしたいと伝えただけで現地調査もせず、一式の合計金額が記された見積書を出してきて、説明もほとんどないそうです。

それでも、初めてのことですと「そういうもの」なのかと思ってしまうケースが多く、リフォームを進めてしまい失敗することが多いのです。

リフォーム費用は内容にもよりますが、決して安くはないお値段になります。
だからこそ、しっかりとした現地調査のうえで見積書を作成してくれる業者を選びましょう。
見積書を業者に出してもらったら、自分の希望が反映されているか、余計な工事は追加されていないかなどを確認し、わからないことがあれば質問して納得するまで、契約をする事は避けてください。

追加工事費用に関するトラブル

追加工事に関するトラブルは、結果的に希望通りのリフォームとなっていない時に、業者に対応を求めると、追加工事となってしまい、追加工事費用がプラスされてしまうというものが多いです。
その場合は、依頼人と業者との間でしっかりとした話し合いが行われていない、もしくは話の行き違いがあったなどの原因が考えられます。
余計な費用をかけないためにも、事前の細かい話し合いはとても大切なので、面倒くさがらずにわかるまで話し合いましょう。

また、業者から提案されたリフォームが無料だと思っていたのに追加工事費として追加されていたなんてケースもあります。
この場合も双方の確認不足ですので、中途半端な返事はせずに逐一確認をとることをお勧めします。


このコラムをシェアする